• 専用品 ポストヒューマンの人間論 後期ルーマン論集 村上淳一編訳 東京大学出版会
  • 専用品 ポストヒューマンの人間論 後期ルーマン論集 村上淳一編訳 東京大学出版会
  • 専用品 ポストヒューマンの人間論 後期ルーマン論集 村上淳一編訳 東京大学出版会
  • 専用品 ポストヒューマンの人間論 後期ルーマン論集 村上淳一編訳 東京大学出版会
  • 専用品 ポストヒューマンの人間論 後期ルーマン論集 村上淳一編訳 東京大学出版会
  • 専用品 ポストヒューマンの人間論 後期ルーマン論集 村上淳一編訳 東京大学出版会
格安 専用品 ポストヒューマンの人間論 後期ルーマン論集 村上淳一編訳 東京大学出版会 人文
  • 当日発送
  • 送料無料

格安 専用品 ポストヒューマンの人間論 後期ルーマン論集 村上淳一編訳 東京大学出版会 人文

お気に入りブランド
販売価格 :

5534税込

獲得ポイント :
ポイント

商品がカートに追加されました
格安 専用品 ポストヒューマンの人間論 後期ルーマン論集 村上淳一編訳 東京大学出版会 人文
販売価格:¥5534 税込

在庫あり

※ 商品のお届けについてはこちらよりご確認ください。

SHOPPING が販売、発送いたします。

当日発送可 (14:00までのご注文が対象)

  • ご注文内容・出荷状況によっては当日発送できない場合もございます。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

利用可

  • ポストにお届け / 一点のみ購入でご利用可能です。
    ゆうパケットでのお届けの場合はサンプル・ノベルティが対象外となります。
    ゆうパケットには破損・紛失の保証はございません。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

商品の詳細

「ポストヒューマンの人間論 後期ルーマン論集」村上 淳一 / ニクラス・ルーマン2007年初版 書き込みありません外観も目立つ傷みや使用感なく良好な状態です※※※ この度はご覧いただきありがとうございます。当方が新品や中古で購入したものを中心に出品しております。状態のチェックは可能な限り念入りに行っておりますが、あくまで中古品としてご理解いただいた上での購入をお願いいたします。万が一重大な瑕疵の見落しがありました際には対処いたしますのでご連絡ください。#村上淳一 #村上_淳一 #ニクラス・ルーマン #本 #社会/社会・福祉
カテゴリー:本・雑誌・漫画>>>本>>>人文
商品の状態:目立った傷や汚れなし
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:未定
発送元の地域:東京都
発送までの日数:1~2日で発送

商品の説明

ポストヒューマンの人間論―後期ルーマン論集
ポストヒューマンの人間論―後期ルーマン論集
ポストヒューマンの人間論 後期ルーマン論集
ポストヒューマンの人間論 後期ルーマン論集
ポストヒューマンの人間論―後期ルーマン論集 | ニクラス ルーマン
ポストヒューマンの人間論―後期ルーマン論集 | ニクラス ルーマン
村上春樹インタビュー 人と人をつなぐ場を、未来へ <後編> (1/1) - T
村上春樹インタビュー 人と人をつなぐ場を、未来へ <後編> (1/1) - T
ルーマンと/の社会学~「思想」から「科学」へ~【後編】|東京大学出版会
ルーマンと/の社会学~「思想」から「科学」へ~【後編】|東京大学出版会

最新のクチコミ

★★★★

図書館から借りて読んで面白かったので、海外赴任中の同僚に送るために注文しました。

  • marin1219
  • 31歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

正味500ページ以上ある分厚い文庫本で、通勤の行き帰りにちょっとずつ読んでいたらよれよれになってしまいましたが、夏目漱石から三島由紀夫まで37名の文人を(たぶん)年齢順に、その人の食生活、食の嗜好、そしてそういうことに至った生い立ちや家族・友人がこうむった影響などを、(嵐山さん本人が後書きで曰く)700冊の文献を当たり、5年かかって疲労困憊して書いたということです。 その精密な検証があるから、非常に意外な文人の素顔が暴露されているのですが、説得力があります。 その時代時代で面白いなと思ったことは多々あるのですが、明治期の文人は、かなり多くの方々が(医学知識がなまじあった故でしょうが)細菌感染を非常に恐れた慎重すぎる食生活をしていたとか、石川啄木や宮沢賢治や中原中也や梶井基次郎など夭折の詩人たちは「清貧」「純朴」のイメージを残して世を去っているわけですが、実は実は(それぞれ違うんだけど)友達にたかりまくり遊郭その他で遊びまくり世間に迷惑をかけまくっていたとか、背徳なイメージのある文人が意外や意外に堅実な家庭人だったとか、とにかく驚くことが多かったです。 本の終盤のほうは、檀一雄、深沢七郎など、嵐山さんが若い頃に編集者として直接深く関わった文人の日々の生活や人となりなどが現実感を持って描かれているので、前半や中盤とはまた違った読み応えがあります。 実は、「文人悪妻」を先に読んでからこちらの「文人悪食」を読みました。書いた順番は逆ですが、個人的には「悪妻」でアタマづくりをしてからこちらの大作に取り掛かるのも悪くはないかなと思います。この後「文人暴食」に進もうと思います。

  • 印旛の友
  • 39歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★

とても読みやすく夏目漱石が身近に感じました。

  • しののし
  • 27歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品